JUNKO EMOTO

STAGE

タキシード

財団、江本純子vol.14

タキシード

公演日程
2019年1月10日(木)~13日(日)
上演場所
ギャラリールデコ3F
作・演出
江本純子
出演
金子清文 鈴木将一朗 美館智範 遠藤留奈 江本純子

神をもう作らない

INTRODUCTION

『タキシード』と『ドレス』は物語上は全く関係のない2作品ですが、 両作品とも「芸術を通俗化せよ!」というわたし自身に向けたスローガンのもと作っていきます。

芸術がひた隠しにしようとするゲス性を暴き出して笑ってやろうというのが今回の2作です。

けれども・・・『タキシード』を着ている。
それでも・・・『ドレス』が着たい。

(江本純子)

『タキシード』あらすじ

人間は、丸裸でいたらきっと、嫌悪感、差別感情をむきだしにするだろう。
だからみな「タキシード」を着る。それでなんとかなるものだろうか。
タキシードを着る場所、タキシードの着方、タキシードを着るタイミング、タキシードを着る目的を、見事に間違え続けていく物語。

TIMETABLE

1 10
THU
11
FRI
12
SAT
13
SUN
11:30      
13:00      
14:00      
15:15      
17:30      
19:30    

※開場と受付開始、当日券の販売は、開演の30分前からの予定です。

CAST

  • 金子清文

    金子清文

    1965年、東京生まれ。劇作家で僧侶上杉清文門下にてアングラ修行に勤しみつつ、田口トモロヲ、沼田元気に学び、末井昭を上司に「写真時代」編集部員兼荒木経惟のヌード撮影モデルを務めた頃も。以後、歌舞伎町台湾クラブママ・スーザン、大人計画、マシュマロ・ウェーブ木村健三との出会いを経て01年に江本純子にめぐり逢い、翌年年間100日の入院生活からの社会復帰後、03年以降の毛皮族作品にほぼ参加。ほかに舞台出演は「劇団ニッコリー」(座長)「劇団テヘラン」「吸血劇団チートルズ」「発見の会」「ブス会」「SWANNY」など。映画は「深夜食堂」「光」「雪子の部屋」「素敵なダイナマイトスキャンダル」など。

  • 鈴木将一朗

    鈴木将一朗

    1976年東京都練馬区生まれ。文化服装学院卒業後、須永辰緒に師事し渋谷オルガンバーを中心にDJとして活動。その後、紆余曲折を経て東京乾電池、遊園地再生事業団などに参加。またミクニヤナイハラプロジェクトには旗揚げ公演から参加し、主演した『前向き!タイモン』が第56回岸田國士戯曲賞を受賞するなど、圧倒的な運動量で知られるプロジェクトの中心俳優として活躍。現在、出演映画「鈴木家の嘘」上映中。出演CF「Airbnb いろんなわが家に旅しよう」、「doda デューダ子、登場篇」放映中。

  • 美館智範

    美館智範

    1979年5月1日長野県生まれ。
    演劇集団・円、文学座の研究所にて学んだ後、青年団入団。翌年退団。
    その後は、「東京デスロック」「ポツドール」「jorro」「smart ball」「Power Doll Engine」「ゴキブリコンビナート」「ストリッパー物語」(演出 三浦大輔)の舞台作品。映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「The Depths」 「カーネルパニック」「サラバ静寂」。アーティスト 小泉明朗の映像インスタレーション「劇場は美しい午後の夢を見る」「帝国は今日も歌う」に出演。
    「財団、江本純子」の作品には、前回の「事務王1」に続き出演。

  • 遠藤留奈

    遠藤留奈

    ポツドール「愛の渦」「恋の渦」「夢の城」に出演、ポツドールヨーロッパツアーに全て参加。2011年より劇団THE SHAMPOO HATに所属し、「葛城事件」などに出演。近年の出演作は、三浦大輔演出、松坂桃李主演の舞台「娼年」、舞台「デーモン閣下の邦楽維新~妖気爛漫!坂口安吾~桜の森の満開の下」、映画「貞子vs伽椰子」伽椰子役、江本純子監督作品「過激派オペラ」、PV銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」など。江本純子の醤油理論三部作『忘れていくキャフェ』『ぼくと回転する天使たち』『事務王1』に全て出演。

  • 江本純子

    江本純子

    2018年12月に生誕40年を迎える。趣味はDIY。敬愛する映画監督多数。夢は小豆島とフランスと東京の三拠点生活。主宰する財団、江本純子での演劇活動のほか、最近の出演作はProject Nyx『星の王子さま』、演出作は四国学院大学での滞在制作作品『レモネード・インセスト』、演劇女子部『ネガポジポジ』(DVD発売中!!)など。立教大学現代心理学部映像身体学科では兼任講師も。セゾンジュニアフェローとして2008年から2013年の6年間助成を受け、2017年にはサバティカルとして海外充電する。帰国後は、毎日演劇作りの日々。過去には乃木坂46『16人のプリンシパル』、『ライチ⭐︎光クラブ』、『幕末太陽傳』などを演出。監督作品、映画『過激派オペラ』は現在DVDや配信等で視聴可能。

INFORMATION

上演場所
ギャラリー・ルデコ3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル
公演に関するお問い合わせ
kegawazoku@junko-emoto.com

STAFF

票券:鈴木ちなを
web: rhythmicsequences

企画/製作:財団、江本純子